フライドバイの墜落事故はなぜ起こった?原因は機長のミスか?ボーイング737は事故が多いとの噂も

フライドバイの墜落事故はなぜ起こった?機長のミスか?ボーイング737は事故が多いとの噂も

先ほどニュースでロシア南部のロストフナドヌー空港で乗客乗組員全員が死亡するという

 

痛ましい事故のニュースがあった。

 

アラブ首長国連邦のドバイに本拠地を置く格安航空会社フライドバイという会社が運営していたボーイング737 型旅客機が着陸に失敗をして

 

墜落、炎上した事故だったという。

 

 

今回はフライドバイという会社と事故が多いのではないかと噂されているボーイング737について掘り下げてみたいと思う。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

フライドバイはどんな会社?

 

フライドバイはドバイに本拠地を置く格安航空会社である。

どんな都市に就航しているかというと

 

アジアだと

 

下記の中東の主要都市などである。

アフガニスタン - カーブル
アルメニア - エレバン
アゼルバイジャン - バクー
バーレーン - バーレーン
バングラデシュ - チッタゴン、ダッカ
インド - ラクナウ、アフマダーバード、ハイデラバード
イラク - アルビール、スレイマニヤ、バグダード、ナジャフ
ヨルダン - アンマン
クウェート - クウェート
レバノン - ベイルート
ネパール - カトマンズ
オマーン - マスカット
パキスタン - カラチ
カタール - ドーハ
サウジアラビア - アブハー、ブライダ(カスィーム)、ヤンブー
スリランカ - コロンボ
シリア - アレッポ
トルコ - イスタンブル
トルクメニスタン - アシガバート
アラブ首長国連邦 - ドバイ

 

 

アフリカ

 

アフリカの場合は以下の4つの都市に就航している。

エジプト - アレクサンドリア
スーダン - ハルツーム、ポートスーダン
ジブチ - ジブチ
エチオピア - アディスアベバ

 

ヨーロッパ

 

だとロシアを中心とした以下の地域

ウクライナ - キエフ、ドネツィク、ハルキウ
セルビア - ベオグラード
マケドニア共和国 - スコピエ
ルーマニア - ブカレスト
ロシア - サマラ、エカテリンブルク、ウファ、ロストフナドヌー

 

今回は2013年の情報を使っているので現在はもっと世界に広がっている。

 

今回はロシアで痛ましい事故が起こってしまった。

 

 

その原因は何なのか?

 

 

事故の原因は視界不良か?それとも機長の操縦ミスか?

 

 

今回の事故は視界不良が原因だといわれている。

 

フライドバイFZ981便は何度も着陸をやり直しているとの報道もある。

 

 

おそらく相当難しい状況だったに違いない。

 

 

その時間帯の現場の天気はどのようなものであったのだろうか?

 

調べてみたところかなりの雪が降っていたようだ。

 

雲の量も多く、ほとんど隙間がなかったという情報だった。

 

そんな中、必死に着陸をこころみたが、相当ひどい状況だったのだろう。

 

 

今回の痛ましい事故につながってしまった。

 

スポンサードリンク

 

 

もし着陸不可能な状況の場合はどうなるのか?

 

機長の判断で、着陸が不可能となった場合は、

 

 

通常では最寄の空港に着陸することが多いようだ。

 

今回の機長は何度か、着陸をやりなおしているという情報があった。

 

 

もしかするとその中で無理をせず最寄の空港に着陸するすべも必要だったのかもしれない。

 

ただ今回は非常に難しい中での着陸だったことは確実だろう。

 

また今回はボーイング737だったことにも注目されている。

 

ボーイング737は事故が多いといわれている。

 

この噂も調べてみることにしよう。

 

調べてみると、ボーイング737のは36件の事故を起こしていることがわかる。

 

その中でも2010年におきたエア・インディア・エクスプレス812便墜落事故は記憶に新しい。

 

この事故では乗員乗客166名のうち、生存者は乗客8名のみという多くの乗客の命を奪った事故となった。

 

このときの原因は着陸時に滑走路をはみ出してがけから転落したというオーバーラン事故であった。

 

 

まとめ

 

今回の墜落事故の本当の原因はまだわかっていないが、

着陸時の天候は雪で、雲が隙間なくあったということがわかっている。

そんな中で機長は何度も着陸のやり直しを行っていると情報がある。

もし着陸するのが難しいと判断したのだったら、近くのほかの空港に着陸する方法はなかったのかと

思う。

また今回の機体が事故がおおいと噂されているボーイング737だったことも非常に注目される点だ。

現在はLCCなどの格安航空会社を利用する方も多いと思うが、飛行機もある程度の確率で事故を起こすことがあることを

肝に銘じてもらいたい。

 

スポンサードリンク

 

 

 

PREV:高樹千佳子アナの旦那のIT関連会社員とは?体調不良は不妊治療で妊娠したのか?
NEXT:エイミーコガがうつくしすぎると話題!画像や動画、wikiをチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です