【衝撃】ショーンKこと川上伸一郎の学生時代のあだ名がおっぺけぺー川上、ほらっちょ、うそつきだった!

【衝撃】ショーンKこと川上伸一郎の学生時代のあだ名がおっぺけぺー川上、ほらっちょ、うそつきだった!

最近、ちまたではショーンKこと川上伸一郎さんの話題で持ちきりです。

そんな川上伸一郎さんの高校時代のあだ名を、同級生がテレビで証言していました。

その内容は衝撃的なもので

おっぺけぺー川上、ほらっちょ、うそつき

というあだ名だったらしい。

学生時代の川上伸一郎氏とはどんな人物だったのか

掘り下げマンDXにへーーーんしんして掘り下げていこう。

 

 

スポンサードリンク

 

高校時代の同級生3人がすっきりのインタビューに答えている。

 

なんと3人ともショーンKさんが同級生だとここ最近までわからなかったということだった。

 

学歴詐称の問題が出て川上伸一郎という名前が出たことにより、

あっあの同級生の川上伸一郎だったのかと思ったらしい。

 

 

同級生のインタビューから見るショーンkこと川上伸一郎氏

 

今回、川上氏の同級生3人の証言をまとめてみよう。

 

まず女性の方の証言の頭は良かったと思う、英語はできたかどうかはわからないということだった。

 

また眼鏡をかけて坊主で静かな印象だったということで、

 

現在のイケメンのショーンK氏とはかけ離れたものだったようだ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

この点を考えると、基本的には勉強家だったと思われる川上氏

 

ただ、転校が多かったということで、なかなか周りにはなじめずにいたようだ。

 

実際現在の川上氏は英語は堪能でしっかりと勉強したんだと思う。

 

 

次に男性の意見。

 

 

まず驚いたのが、高校時代のあだ名がうそつきや、ほらっちょ(ほら吹き)など

 

ちょっとひどいものだった。

また、学生時代の川上氏はプライドが高く、いつも分厚い辞書を9冊くらいもっていた

 

変わり者だったという。

この話から考えるとこのインタビューを受けた男性と川上氏は仲が良くなかったんだろうなというのは明らかだ。

ただ、川上氏はみんなに好かれるようなタイプではなく、目立つようなタイプでもなかったようだ。

 

ちょっと他の人とは違ったような考え方の持ち主だったことが推測できる。

 

 

学生時代の画像から判断する川上伸一郎氏

 

48520
出典 jijisikou.net

 

この画像をみると

 

すこしショーンKの面影がある。

 

画像をみている限りだと真面目で静かな学生だ。

 

学生時代の川上氏はまじめで勉強は積極的だったらしい。

 

英語のネイティブの先生には特に積極的で、自分からどんどん質問をして英語を学んでいたようだ。

 

ただ、プライドが高く、知らないことがあるのは負けだと感じていて、ほかの人よりも優れていたかったようだ。

 

もしかするとその学生時代の経験が、今回の学歴詐称と関わっているのではないかと考えることができる

 

 

私たちの同級生にもショーンKがいる

 

自分の同級生でうそつき ほらふきとかっていうあだ名がついていた友達は今どうなっているのだろう。

 

おそらく皆さんの周りにもいたと思う。

 

川上伸一郎氏のような同級生が

 

そんな彼は今何をしているんだろう。

 

どこかで全く違う人間になって、

 

顔に仮面をかぶり、

 

名前や経歴まで詐称しているのかもしれない。

 

さぁその同級生がいまどうなっているかが気になってきていると思う。

 

彼はいったい今何をしているんだろうか?

 

スポンサードリンク

 

 

PREV:良原安美と井上清華がZEROのお天気キャスターに!画像やwiki、彼氏をチェック
NEXT:宮沢りえが離婚を発表!気になる元旦那とは?40代の元プロサーファー?画像や職業などを掘り下げよう

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です