エスラックス(筋弛緩剤)とはどんな病気、どんな時に治療に使うの?

エスラックス(筋弛緩剤)とはどんな病気、どんな時に治療に使うの?

Fuji News Network

 

 

筑波大学病院でエスラックスとい筋弛緩(しかん)剤2本を紛失した

この筋弛緩剤は6人分の致死量にあたるというのだ、

 

ところでこのエスラックス(筋弛緩剤)というものはどういう時に使うものなのだろうか?

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

 

調べたところ

 

麻酔時の筋弛緩、気管挿管時の筋弛緩 ということが分かった。

 

外科手術などを行う際に、筋肉の収縮を選択的に抑える目的で使われるようだ。

 

他には

患者の気管にチューブを差し込むときなどにも使われるということだ。

 

ただ危険性がかなり強く取り扱いは慎重に行われているようなのだが

 

今回はその危険な毒物である筋弛緩剤が持ち出されてしまったということでとても心配だ。

 

 

今回筋弛緩剤【エスラックス】を紛失した筑波大学病院はどこだろう?

 

住所は〒305-0005 茨城県つくば市 天久保2丁目1番地1となっている

グーグルマップで見ると

googlemap

場所はつくば市にあるので近隣の方には心配が広がっている。

 

この件に関して世間の反応は?

https://twitter.com/exp_chumico/status/834647223988219904

 

 

 

 

 

 

 

PREV:織田慶治・渡辺理子ペアがナカイの窓に登場!年齢やプロフィール、子供はいるか?スタジオの場所は?
NEXT:【マツダ】CX―5 アクセラ アテンザ 17万台をリコール!対象の型式は?情報を把握し早めにディーラーに予約を!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です