熊本地震から考える巨大地震対策!耐震ベッドや耐震シェルター導入の補助金について!

熊本地震から考える巨大地震対策!耐震ベッドや耐震シェルター導入の補助金について!
熊本地震から考える巨大地震対策!耐震ベッドや耐震シェルター導入の補助金について!

室内用木製組立耐震シェルターシングルタイプ
価格:698000円(税込、送料別)

 

 

熊本地震が起きて

 

日本中が不安な思い

 

また今回の熊本地震については活断層に位置していたということが分かっている。

 

日本には多くの活断層が存在し、その活断層のある地域では今回の熊本地震のような

 

直下型の大きな地震が起きる可能性があるというのだ。

 

不安に思ってらどうしょもないのでできる事は何かあるのだろうか。

 

例えばですけども地震が起きることを予知できないかもしれませんが

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

地震が起きた時にも命を守る方法は

 

耐震ベット

 

金具がついていて上から物をしてきても25トンまで耐えられるというものだ

 

家がつぶれても、上からものが落ちてきても空間ができて命がまもられる

 

価格は50万程度ということだが、

 

自治体によっては補助金が出るところもあるようだ。

 

東京都の場合では、こういった耐震シェルターに助成制度がある。

 

耐震シェルターにはベッド型や押入れ形、クローゼット型やテーブル型をあとは一室まるごと耐震シェルターにすることができるものがある。

 

それぞれ費用が異なる

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

すべての自治体に補助制度があるというわけではないので実際相談していただいて、

 

費用面からどういう対策をするかを検討する必要がある。

 

マンションで地震が起きたときにどうするか?

 

マンションの場合には戸建てと違うため、中層、高層に住んでいる場合は外へ出るということができない。

 

また、むやみに外へ出ようとする行動が逆に危険な場合があるため、

 

まず家の中で何も物がない廊下などに避難するのが一番良い。

 

地震が起きる前にどういった場所に避難するかというものシミュレーションする必要があるということだ。

 

基本的にはタンスや、上からものが落ちたり、倒れたりするものがないところだ。

 

 

例えばキッチンでは、食事をするダイニングテーブルに潜るひとが多いが、

 

 

マンションの高層階ではかなり左右に揺れるため、大きい地震の場合だとテーブルの下にもぐることもできない可能性がある。

 

 

そういう場合ははいつくばってでも、物のない廊下や部屋に移動するのがベストだという。

 

 

また地震の場合はドアが開かなくなったり、窓が開かなくなり、地震が収まった後、外に脱出することができない場合がある。

 

そのため、まず地震だと思った時には玄関のドアを開けておくのがよいということだ。

 

 

ドア部分にはドアを止めるものを置いておいたほうが良いということだ。

 

地震大国、日本ではどこでも地震は起こる可能性がある。また活断層がある地域では

 

 

より注意が必要だ。

 

 

今回の熊本地震をきっかけにみんなで地震についてもう一度考える必要がある。

 

 

また熊本の皆さんは現在も非常に厳しい状態のため、自分たちができる支援からしていく必要がある。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

PREV:エコノミークラス症候群が起こる原因、対策は?熊本地震で車中泊や狭い避難所にいる方。あさイチで紹介
NEXT:災害時にレジ袋とタオルでオムツの作り方!熊本地震で赤ちゃんの紙おむつが足りない!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です