チアシードの栄養を効率的に摂取する方法は?オメガ3脂肪酸の特徴などをあさイチで紹介

チアシードの栄養を効率的に摂取する方法は?オメガ3脂肪酸の特徴などをあさイチで紹介

今は注目されているチアシード

本当に体にいいのか?を 今日のあさイチで分析していました!

 

スポンサードリンク

 

 

チアシードの栄養成分について徹底的に調べてみると、

中で注目したいのはチアシードに含まれるオメガ3脂肪酸というLDLコレステロール、中性脂肪を低下させ新陳代謝を促進させる機能がある成分が多く含まれているとの結果が。

 

 

オメガ3脂肪酸の量がいわしのおよそ8倍くるみの2倍以上と群を抜いて多いことがわかりました。

クラシックのオメガ3脂肪酸を上手に撮るためにはちょっとした工夫が必要なようだ。

100度以上にしないのが主な3脂肪酸をうまくとるコツであるようだ。

なので揚げ物や炒め物などはNGで、

 

スープなどに入れるのは良いらしい。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まぁ基本的には加熱しない方法がよいらしい。

オメガ3脂肪酸は硬い殻の中に入ってるため、そのまま食べると消化されず体の外に排出されてしまう可能性があるという。

ではどうやって食べればいい?

すりつぶすと硬い皮が割れて中の栄養が消化しやすくなるらしい!

次に食べすぎると胃腸の具合が悪くなるらしいという話があるようだ。

チアシードはごぼうのおよそ6倍の食物繊維の量があるという。そのため、取りすぎるとお腹を壊すこともあるという話だ。

ではどのくらいの量を食べればいいの?

およそ10グラム程度を食べるといいらしいよ。

また乾燥したチアシード食べると胃の中のの水分を吸収してしまうため

胃あれになる可能性があるということで注意だね!

これで体にいいことは証明されたチアシード。

ただ効率的に栄養を吸収するためにはいくつかのコツがあるということだ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

PREV:えびのトマトクリームパスタの簡単レシピ!キューピー3分クッキングで藤井恵先生が紹介
NEXT:【訃報】秋山ちえ子氏が死去!死因は?wikiプロフィールや、画像、経歴などをチェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です