龍円愛梨の現在は?旦那とは結婚せず産んだニコ君はダウン症だった。

龍円愛梨の現在は?ダウン症のニコ君を一人でアルバイトをして育てる未婚の母。

人気女子アナ元テレビ朝日アナウンサー

エキゾチックな美貌で一躍人気アナウンサーとなった

34歳でテレビ朝日を退社した

アメリカで活躍する実業家男性と結婚を約束カリフォルニアへ渡った。

まるで絵にかいたような華やかなエリート人生を歩んできた。

 

 

スポンサードリンク

 

しかし、

その後の彼女待っていたのは壮絶が壮絶な人生だった。

結婚はしていないで事実婚お状態。

未婚の母になっていた。

息子のニコ君はダウン症で、もうすぐ3歳。

ダウン症の影響でまだ言葉をしゃべることができない。

医師が見逃したダウン症の兆候

金づちを頭から振り下ろされ、その場に泣き崩れました。

アルバイトしながら女手一つのでダウン症の息子の育児に奮闘する。

一体人気美人アナウンサーに何があったのだろうか?

1977年大学教授だった父の仕事先のスウェーデンで生まれた。

幼い頃からバイオリンを習うなど

何不自由なく育てられてきた。

 

スポンサードリンク

 

そして、1999年当時22歳の時にテレビ朝日にアナウンサーとして入社。

同期には武内絵美アナや富川悠太アナなどいる。

龍円愛梨はエキゾチックな美人アナウンサーとして人気を集め情報番組からバラエティー番組まで幅広く活躍していた。

そして2011年34歳でテレビ朝日を退社。

そのままアメリカカリフォルニア州の大学へ留学した。

その理由は当時つき合っていたパートナーがアメリカに住んでいた。ということがあって、

実は女子アナ時代から貿易会社を営む日記アメリカ人の実業家と遠距離恋愛をしていた龍円愛梨

アナウンサーという花形の職業よりも幸せな家庭にあこがれていた。

カリフォルニアで愛する恋人と同棲生活を始めて

夢のような生活をしていたということだ。

そんな中35歳の時に妊娠をし更なる幸せを手にしたかに思えた。

愛する彼との間に待望の赤ちゃんを授かった。

そして2013年5月5日体重2449グラムでニコ君を出産した。

幸せの絶頂だった彼女に訪れた悲惨なできごとが。

出産から二日後に退院したのだが、その後ニコ君にダウン症の兆候がみられたが、いくつも病院を回っても何も問題ないといわれていた。

もう一つの不安は、実業家のパートナーが忙しかったということもあり、

結婚をしないまま出産をしていた。

そしてその後の精密検査でニコ君がダウン症と診断される。

その症状は発達の遅れ先天性心臓疾患など様々だ

ダウン症の出生率は嘘700人に1人と言われている。

高齢出産になるに従って確率は高まってくると言われているのだ。

また龍園さんは出産前にダウン症の検査などを受けていたのだが、

その時に医師がダウン症の兆候を見逃していたということだった。

出生前診断の時にダウン症が見つかった場合はどうだったのだろうか?

もし出産前にダウン症だと判断されていたら産まなかったのだろうかということが

議論になっている。

この部分は非常に難しい問題で、やはり親が判断するしかないと思う。

また、テレビで
テリー伊藤さん「ダウン症の子は決して不幸とは思ってない」
友近さん「知った時はショックだったと思う。気持ちの切り替えが凄く大事」

と語っているが、私はそういったことも本当にダウン症のお子さんを育てたことがある人しか言ってはいけないのではないかと思う。

また出生前診断でダウン症とわかった場合に子供を産まないと判断する人にも批判が集まっているようだが、

そう判断するのも苦渋の決断だと思うし、簡単にじゃぁ産まないってことではないと思う。

やはり自分の子供だし、すごく考えてのことだと思うんだ。

皆さんはどう思いますか?

良かったらコメントいただけると嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

PREV:ニキズキッチンが女性に人気!外国の料理を外国人の自宅で学べる。パプリカチキンのレシピも
NEXT:チアシードを日本料理に!朝市で和食の料理人がレシピをあさイチで紹介!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です