ニキズキッチンが女性に人気!外国の料理を外国人の自宅で学べる。パプリカチキンのレシピも

ニキズキッチンが女性に人気!外国の料理を外国人の自宅で学べる。パプリカチキンのレシピも

出典 www.kockamacska.com

 

 

今話題の料理教室

外国人に母国の家庭料理を教えてもらえるサービス

ニキズキッチン

今、女性に人気の習い事なんだとか!

ニキズキッチンにはフランスモロッコインドなど28の国と地域50人の先生が在籍しているという。

果たしてどんな国のどんな料理を学ぶことができるのかいろいろと紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

その国の家庭料理を先生の自宅で習うことができる独自のシステムが注目されています。

このように普段あまり行けない。外国人のお宅を拝見できるのもこのお料理教室の魅力のようです。

では本題の料理に行きましょう。

今回はオーストリア料理について紹介していきます。

1回5900円でできるようで、材料費も込みということなのでそれほど高くない印象ですね。

オーストリア料理とはオーストリア料理って想像つかないですね。オーストリアお菓子

ザッハトルテなどが有名ですが、料理となるとさっぱり浮かびませんよね。

。在留費込みでパプリカチキン系料理を紹介していきます。

パプリカとチキン?んーどんな料理なんでしょうか?

すごく簡単な料理ということなのですが

まずレシピを紹介

材料(約3人分) 分量
鶏肉 300g※1
玉ねぎ 大 1個
ピーマン 2個※2
トマト 中 1個※3
にんにく 2片
パプリカパウダー 小さじ2
サワークリーム 100~150cc※4
小麦粉 大さじ1
塩、こしょう 適量
(あれば)ローリエ 1枚

参考 http://www.kockamacska.com/

鳥肉は手羽の部分を使うと良くだしが出るのでおすすめです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まずは玉ねぎを切ります。オーストリアの料理は結構たまねぎを使うようです。

まずは玉ねぎをみじん切りにしていくのですがその時に役に立つのがこのチョッパーですよね。

オーストリアの家庭にはどこにでもある便利アイテムのようです。

日本でも玉ねぎのみじん切りはよく使うのであるといいですよね。

オーストリアではデザートを作るときにチョコレートのみじん切りに使ったりもするようです。

みじん切りができたら続いてはサラダ油を入れたフライパンと鍋を用意。

玉ねぎとニンニクを鍋に入れて強火で炒める。

鳥肉はフライパンへ強火で焼き色がつくまで焼きます。

やっぱりニンニクと玉ねぎは相性最高ですねいい香りがしてくるまでに食べてください。

玉ねぎを炒め終わったらここでパプリカを入れるかなと思うんですが、

実は使うのはパプリカパウダーを使います。

パプリカチキンのパプリカとは野菜のパプリカではなくパプリカパウダーだったんですね。

オーストリアではパプリカパウダーは定番のようです。

玉ねぎの鍋にパプリカパウダーを投入。そこに酢をプラスします。

酢を入れることでパプリカパウダー独特の苦みを抑える効果があるということですね。

この料理は子供が大好きだということで、日本で言うとカレーや肉じゃがといったところでしょうか?

そこにトマトペースト塩コショウを水を加えて味を調えます。

次に焼き目をつけた鶏肉をスープの中に入れます。

そしてマジョラムを入れます!

マジョラムはシチューやスープなど煮込み料理に使われるハーブで

魚や肉の匂いけしとしても効果がありますね。

味つけが終わったら30分煮込みます。

ちょっとした面白知識

オーストリアの結婚式はなんと午前3時まで食べたり飲んだりをし続けるらしいんです。

そして午前0時過ぎくらいにはお嫁さんが友人たちと街に繰り出して

それを新郎が探し回るという儀式があるそうで、

新郎がお嫁さんを見つけられなかった場合は

全額新郎が支払いをしなければいけないらしいです。

男からしてみればなんだそれって話ですね。

30分煮込んだ後に

別の器でサワークリーム小麦粉スープをまぜる

ここで一旦鍋からチキンを取り出し、上で混ぜた、小麦粉サワークリームを鍋のスープにいれます。

全体をなじませるようにかき混ぜます。

そしてチキンスープの中に戻せば、完成!

次にパプリカチキンに相性の良いノッケルンの作り方を紹介

ノッケルンとはどんなものなのでしょうか?

まずレシピを紹介

4人分

小麦粉 350グラム

卵 4個

油 大匙
牛乳 200ml
バター 24g

塩・ナツメグ 少々

ではつくり方は

卵 牛乳 油 小麦粉 ナツメグを全部まぜる

材料よくまぜ合わせたら生地の完成度以上どうするかというと

この生地をゆでます。

なんと独特の穴の開いた道具を使い、その上に生地を2分ゆでます。

そうすると玉状のショートパスタが完成。

これはオーストリアのショートパスタノッケルンというみたいです。

そしてそれをざるにあげて湯切りをし、鍋にバターを入れて合えれば完成です!

どんなお味なんでしょうか?

パプリカチキンの

ほんとにおいしいですね。

コクがあって何のお酒にでも合いますし。肉もやわらかいです。とてもクリーミーでビーフストロガノフとクリームシチューの間のような味のようだ。

ノッケルンとあえて食べると、ノッケルンのいびつな形で触感がいいらしいです。

いやーこんな料理食べたことないですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

何かございましたらコメントいただけると嬉しいです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

PREV:北島康介が17歳で書いた反省文すごい!その内容は?現在と今後の活動は?
NEXT:龍円愛梨の現在は?旦那とは結婚せず産んだニコ君はダウン症だった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です