目取真俊氏とはどんな人物なのか?芥川賞作品の魂魄の道が有名!ひき逃げ?

目取真俊氏とはどんな人物なのか?芥川賞作品の魂魄の道が有名!ひき逃げの前科?

こんにちは、NAOです。

 

芥川賞作家の目取真氏が辺野古沖で米軍海域侵入したということで逮捕されました。

 

この目取真俊氏とはどんな人物なのか?

 

またどんな作品を書いているのか?

 

と話題になっていますよね!

 

スポンサードリンク

 

今回の記事では

 

目取真俊氏のwiki風プロフィールや

目取真俊氏の作品について

目取真俊氏は米軍基地移設工事受注者をひき逃げ?

 

まとめ

について書いていきますね。

 

 

目取真俊氏のwiki風プロフィール

画像はこちらです

fdww
出典:http://dot.asahi.com/

 

読み方は?

めどるま しゅん 氏

本名は?

島袋正 氏

生年月日は?

1960年10月6日

出身は?

沖縄県今帰仁村

 

スポンサードリンク

 

目取真俊氏の作品について

1997年に『水滴』で芥川賞を受賞するなど

内容としては沖縄の地域、風土、歴史について書いてあるものが多く、

水滴では沖縄戦のその後を扱った作品であり、戦争経験者のかかえる苦悩などが読み取れる素晴らしい作品である。

目取真俊氏の作品は沖縄戦の悲惨さ、重さを表現しているものが多い。

 

目取真俊氏は米軍工事の受注者をひき逃げした過去が?

目取真俊氏は2013年の11月27日に人身事故を起こしているのですが、

この事故がひき逃げだったのではないかと噂されています。

これは米軍北部訓練場のヘリコプターの発着帯建設工事を妨害しようとして起きた事故だったのですが、

その真相はいまだにわかっていません。

ただ処理としては人身事故として扱われている状態のようです。

 

まとめ

今回、目取真俊氏は名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸の米軍立ち入り制限海域に無断で侵入し逮捕されたようです。

米軍基地の辺野古への移設に対して、抗議をしたようですが。

以前より米軍、米兵にたいして、反対の意思をつらるいている目取真俊氏なのですが、

その思想はどういうものなのか。少し常軌を逸した行動にもみえます。

以前は米軍の施設の工事受注者をひき逃げしたのではないかといわれています。

ただ報道では取り上げられることもなく、目取真俊氏もひき逃げではなく、人身事故を起こしたと言っているということで真相はわからないようです。

また今回は制限海域に許可なく立ち入ったということで逮捕されてしまった。

目取真俊氏の行動からはアメリカ軍を許さないというものすごい執念のようなものを感じる。

 

今回はこちらの記事を投稿しましたが、やはり勉強不足なところがあること、沖縄に関しては沖縄の人にしかわからない事柄もあると思います。

もし何かございましたらコメントやお問い合わせをいただければできるだけ早く対応いたします。

よろしくお願いします。

 

スポンサードリンク

 

PREV:【訃報】謎の死!ザハ・ハディド氏が死去!死因は?wikiや年齢、作品などをチェック
NEXT:e防犯.comが謝罪文コメントを掲載!寺内華風容疑者の父が経営!営業再開はいつ?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です